PAGE TOP
母性看護学領域

 母性看護学では、女性の一生を通じた健康の保持・増進と次世代の健全育成を支援する看護を学習します。女性のライフサイクル各期における発達課題を理解し、自ら健康を保持・増進できるよう女性自身のセルフケア能力を高めるための理論や知識を学び、基礎的実践能力の育成を図っています。

 

 中でも女性において特徴的な妊娠・分娩・産褥期にある母親と新生児、その家族を含めた対象の理解と看護の特徴・援助方法は、母性看護学の重要な学習課題になります。この時期は、身体的・心理的・社会的にダイナミックに変化するため、その適応過程を理解し、well-beingな状態になるための援助について理解することが必要です。

 

 本学が力を入れているシミュレーション教育では、分娩期や産褥期など、対象の特徴をとらえた看護の展開ができるように臨地実習での実践を想定した演習を行っています。

  また、時代とともに変化する社会のニーズに対応した支援や地域で生活する母子を支える継続看護の在り方を探究することも重要となるため、小児看護学の教員と共に妊娠後期すこやか教室を年6回開催、中学校へ訪問して性教育を行うなど、地域の母子保健活動に貢献しています。

 

教員紹介

教授
福澤 雪子
【専門分野】母性看護学
准教授
椎葉 美千代
【専門分野】母性看護学
詳細
助教
田出 美紀
【専門分野】母性看護学
詳細
特色ある教育