PAGE TOP
チャペル礼拝

チャペル礼拝は考える機会

本学では毎日、2限目の後に20分間、チャペル礼拝があります。讃美歌をうたい、聖書の言葉を読んだ後に、教職員・学生のほか教会、病院、福祉施設など、さまざまな分野から招いたゲストスピーカーにチャペルトークを担当していただき、みんなで人生や生き方、価値観について考えるひとときとしています。忙しい日々の中でも心を落ち着かせ、様々な人の話を聞くことができる、とても貴重な時間です。この時間を大切にし、自分を見つめ視野を広げる機会にしてください。将来、「福岡女学院看護大学出身の人って、物事をよく聞いて、深く考えることのできる人が多いよね」と言われるような卒業生を送り出したいと願っています。

2018年度のチャペル活動

年間聖句『信仰とは望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。(ヘブライ11:1)』

<<ここまで2018年度後期>>

67 卒業礼拝『未来にほほえみかける人』金田俊朗(看護大学宗教主事)

66『ともに成長しよう』山田小織(看護大学准教授)

65『実習経験について』丸山智子(看護大学助教)

64『残心』福井幸子(看護大学看護学部長)

63『悪い誘惑』白日高歩(福西会病院院長)

62『人生行路』KevinWeir(看護大学助教)

61『看護師になる勇気』藤野ユリ子(看護大学教授)

60『堀内組での臨地実習報告』片野光男(看護大学学長)

59『私がかかわった皆さんの先輩の進路を紹介します』椎葉美千代(看護大学准教授)

58『狭き門への旅』金田俊郎(看護大学宗教主事)

  • 1月テーマ「試練と克己」コリント(Ⅰ)10:13

57 クリスマス礼拝『愛と連帯クリスマスの意味』金田俊郎(看護大学宗教主事)

56『人生を変える出会い』柴田裕子(看護大学助教)

55『お言葉どおり、この身に成りますように(とは言うけれど…)』和田憲明(日本福音ルーテル箱崎教会牧師)

54『目覚めよ』中川憲次(日本基督教団筑後小郡教会牧師)

53『‘メサイア’とクリスマス』金田俊郎(看護大学宗教主事)

52『NICUで経験したこと』渡邊晴美(看護大学准教授)

51『南米の日系人の方から学んだこと』酒井康江(看護大学准教授)

50『自転車マナーについて』学友会総務委員(看護大学2年生)

49『サンタクロースはやってくる』貞野宏之(看護大学教授)

48『骨髄バンクドナーを体験して』吉野拓未(看護大学講師)

47『自転車マナーについて』学友会総務委員(看護大学2年生)

  • 12月テーマ:「愛と連帯」(フィリピ4:4-7)

46『異文化から学ぶ』西田裕子(看護大学助教)

45『愛されて生まれてきた素敵なあなたへ』緒方智美(看護大学助教)

44『4年生のみなさんへ』福井幸子(看護大学看護学部長)

43『子どもへの看護を通して自分も成長できる!』渡辺まゆみ(看護大学助教)

42『アドベント点灯』金田俊郎(看護大学宗教主事)

41『過去や未来にとらわれず今を精一杯生きる』白井ひろ子(看護大学准教授)

40『成長と成熟(その2)』金田俊郎(看護大学宗教主事)

39『信頼されるより信頼することを~自分の看護を広げよう~(総合実習より)』(看護大学4年生)

38『堀内組での隣地実習報告』片野光男(看護大学学長)

37『讃美歌練習クリスマスへ向けて―』大石定和・高橋好美・金田俊郎

36『~You Raise Me Up~』星美和子(看護大学教授)

35『成長の喜び』中川憲次(日本基督教団筑後小郡教会牧師)

34『徳永徹先生の『逆境の恩寵』』金田俊郎(看護大学宗教主事)

33『音楽礼拝』米倉裕子(看護大学非常勤講師)・1年生音楽Ⅱ受講者

32『成長と成熟』金田俊郎(看護大学宗教主事)

31『声なき声を聞く秘められた思いに気づく看護―(総合実習より)』(看護大学4年生)

30『徳永徹先生の『わすれられないおくりもの』貞野宏之(看護大学教授)

29『世の光ぶどうの枝』大石定和(看護大学事務職員)

28『当たり前のこと』奥園淳(すなお)(日本基督教団牧師・日本基督教団九州教区事務所)

27『看護職になる!』(看護大学4年生)

  • 11月テーマ:「成長と成熟(Ⅰコリント10:23-24)」

26『逆境の恩寵』金田俊郎(看護大学宗教主事)

25『ボランティア現場で見えてきたこと朝倉報告2―』(看護大学2年生・1年生)

24『原子雲のかなた』原崎聖子(看護大学准教授)

23『エルピスくまもと活動報告』(看護大学1年生)

22『なぜ学ぶのか―私の体験から―』薄井嘉子(看護大学助教)

21『生きる力』中川憲次(日本基督教団筑後小郡教会牧師)

20『ボランティアは被災者に寄り添うが、被災者もボランティアに寄り添う熊本報告6―』(看護大学2年生)

19『徳永先生の宿題~やがて旅立つ皆さんへ~』金田俊郎(看護大学宗教主事)

18『健全な精神は、健全な『共同体』に宿る』阿久戸光晴(福岡女学院大学学長)

17『平和、シャロームを実現する人は幸い』多田玲一(日本基督教団福岡女学院教会牧師)

16『共に生きる』山田雄次(重症心身障害施設久山療育園理事長)

15『聖書と私』片野光男(看護大学学長)

14『なろうとしてなれない時』青木麻里子(日本基督教団春日東教会牧師)

  • ミッションウイーク(秋)「信仰と希望-かなたをめざして」

13『ボランティア現場で見えてきたこと朝倉報告2―』(看護大学2年生・1年生)

12『ボランティアは被災者に寄り添うが、被災者もボランティアに寄り添う熊本報告6―』(看護大学2年生)

11『Creating Yourself』MathewLeePorter(看護大学准教授)

10『信仰と希望~徳永先生の宿題~』金田俊郎(看護大学宗教主事)

9『信仰と希望~徳永先生の宿題~』金田俊郎(看護大学宗教主事)

8『福岡女学院中高のキリスト教教育』落合道夫(福岡女学院中学校高等学校理科教諭・宗教部主任)

7『みちびかれた道職業がわたしを育てた』福澤雪子(看護大学教授)

6『出会い』大石定和(看護大学事務職員)

5『徳永徹先生の『わすれられないおくりもの』貞野宏之(看護大学教授)

  • 10月テーマ:「信仰と希望(ローマ8:24-25)」

4『原子雲のかなた』原崎聖子(看護大学准教授)

3『NURSING FESTA2018』(2年生・大学祭実行委員)

2『BIRTHDAY CARD』金田俊郎(看護大学宗教主事)

1『NURSING FESTA2018』(2年生・大学祭実行委員)

<<ここから2018年度後期>>



<<ここまで2018年度前期>>

63『Why I wanted to be a nurse.(3)』(看護大学1年生)

62『聖書に親しもう』西原邦彦(福岡女学院事務局長)

61『基礎実習の体験を振り返ってみて思うこと』太田里枝(看護大学助教)

60『実りある学習に―実習へ向かう皆さんへ―』吉川由香里(看護大学助教)

59『夢の実現に向けての第一歩』松尾和枝(看護大学教授)

58『君たちはどう生きるか―世界の果ての通学路―』貞野宏之(看護大学教授)

57『生き方の決断』村上満里子(日本基督教団博多キリスト集会所オイコス牧師・周船寺第二幼稚園長)

56『信仰と看護』山崎不二子(看護大学教授)

55『ピンチは学びのチャンス―実習へ向かう皆さんへ―』田出美紀(看護大学助教)

54『憲法と人権―それは反省から始まった―』金田俊郎(看護大学宗教主事)

53『オリーブ基金について』片野光男(看護大学学長)

52『絵本から人権を考える』原崎聖子(看護大学准教授)

  • 7月テーマ:「憲法と人権」

51『看護を教えてくれた人たち―実習へ向かう皆さんへ―』八尋陽子(看護大学教授)

50『与えられた命の生き方』渡邉宣博(日本基督教団赤間教会牧師)

49『Why I wanted to be a nurse.(2)』(看護大学1年生)

48『平和と責任―戦争のもう一つの側面―金田俊郎(看護大学宗教主事)

47『看護の軸―実習へ向かう皆さんへ―』穴井めぐみ(看護大学教授)

46『知るちからと見抜くちから』徳永徹(福岡女学院名誉院長・看護大学初代学長・看護大学顧問)

45『時代のしるし』徳永徹(福岡女学院名誉院長・看護大学初代学長・看護大学顧問)

44『平和と責任―福岡大空襲の日―』金田俊郎(看護大学宗教主事)

43『オリーブ基金について』片野光男(看護大学学長)

42『徳永ヨシ先生の生涯』金田俊郎(看護大学宗教主事)

41『「ぜんたい」の平和』中川憲次(日本基督教団筑後小郡教会牧師・福岡女学院大学名誉教授)

40『ホスピスでの感謝の看取り』徳永悦子・平岡富美子(日本国際ギデオン協会夫人会)

39『基礎看護学実習にあたって』福井幸子(看護大学看護学部長)

38『同道者イエス』貞野宏之(看護大学教授)

37『ギール先生の生涯(2)』金田俊郎(看護大学宗教主事)

36『支援の継続―熊本ボランティア第5次隊―』(看護大学4、3、2年生)

35『わが主、わが神』寺園喜基(福岡女学院院長)

34『わたしが新人看護師だったころ・・・』岩崎優子(看護大学講師)

33『支援の継続―熊本ボランティア第5次隊―』(看護大学4、3、2年生)

  • 6月テーマ:「平和と責任」

32『イエス・キリストの招き』泉清隆(日本バプテスト連盟古賀バプテスト教会牧師)

31『Why I wanted to be a nurse.』(看護大学1年生)

30『ギール先生の生涯(1)』金田俊郎(看護大学宗教主事)

29『支援の継続―熊本ボランティア第5次隊―』(看護大学4、3、2年生)

28『福岡女学院で学んだもの』篠原忍(元福岡女学院看護大学教授)

27『ぶどうの木につながる枝として』(看護大学3年生)

26『神の御業に生き、生徒達を愛された日々』(THIS IS THE DAY LORD HAS MADE. LET US REJOICE AND BE GLAD IN IT.)長野厚子(元福岡女学院中学校高等学校聖書科教諭・教頭)

25『バイブルカフェ宗教部10年』・一部宗教部10年の振り返り・二部交流の時 バングラディシュ看護学生交流会・三部賛美ライブ

24『感謝と祈り』伊藤和子(福岡女学院同窓会長)

23『忍耐・練達・希望』松岡緑(元福岡女学院看護大学教授・初代看護学部長)

22『召命』大石定和(看護大学事務職員)

21『本当に大切なものは目に見えない』原崎聖子(看護大学准教授)

20『志望動機―少女フローはなぜ?―』金田俊郎(看護大学宗教主事)

19『分かち合う喜び』木村真彦(日本基督教団津屋崎教会牧師)

18『オリーブ基金について』片野光男(看護大学学長)

17『海外建築ボランティアに参加して』(看護大学3年生・2年生)

16『海外建築ボランティアに参加して』(看護大学3年生・2年生)

  • 5月テーマ:「歴史と使命」

15『オーストラリアの大空から』(看護大学4,3年生)

14『看護を通して豊かな人生を!』福丸愛子(国立がん研究センター中央病院看護師・第七期生)

13『葡萄の枝ならきっと―ボランティアサークル葡萄の紹介』(看護大学2年生)

12『子どもは国の宝』大藪善次郎(日本基督教団東郷教会牧師)

11『オーストラリアの青空から』(看護大学3年生)

10『あれから2年・熊本ボランティア(第4次隊)報告』(看護大学3・2年生)

9『わたしたちの神、唯一の主を愛す』多田玲一(日本基督教団福岡女学院教会牧師)

8『あれから2年・熊本ボランティア(第4次隊)報告』(看護大学3・2年生)

7『もっと主体的に学ぶために』シュミレーション・サークル(看護大学3・2年生)

6『あれから2年・熊本ボランティア(第4次隊)報告』(看護大学3・2年生)

5『出会いと人生』原崎聖子(看護大学准教授)

4『挨拶で人は変わる』MathewLeePorter(看護大学准教授)

3『愛とは挨拶』金田俊郎(看護大学宗教主事)

2『チャペルのてびき』金田俊郎(看護大学宗教主事)

1『10年をつなぐ』貞野宏之(看護大学教授)

  • 4月テーマ:「出会いと人生」

<<ここから2018年度前期>

特色ある教育