PAGE TOP
教養領域

看護の学びの基盤固めと、大学生としての教養を身に着けることを目標としています。カリキュラムの担当分野は、専門基礎(人体の科学)と基礎分野(キリスト教と文化、人間と社会、コミュニケーション)などの1年次の科目です。

 

「人体の科学」では解剖学、生理学、生命科学分野を担当しています。「キリスト教と文化」ではキリスト教学、生命倫理分野を担当し、「人間と社会」では心理学分野等を担当しています。「コミュニケーション」では、情報コミュニケーション(PC等)や英語コミュニケーション、医療英語等を担当しています。

 

教員の学内活動としては、本学の教育の柱であるチャペル礼拝を通して、キリスト教主義教育の浸透に取り組んでいます。また、多言語医療支援コースでは看護分野の新展開を担っています。さらには学内サークルの支援やボランティア活動にも取り組んでいます。

 

教養領域は、学生の大学生活への入り口として諸分野への好奇心とスムーズな導入を応援しています。

教員紹介

教授
貞野 宏之
【専門分野】生化学
詳細
教授
森本 正敏
【専門分野】解剖学・生理学
詳細
准教授
原崎 聖子
【専門分野】幼児教育
詳細
准教授/チャプレン
金田 俊郎
【専門分野】キリスト教史
准教授
Mathew Lee Porter
【専門分野】外国語としての英語教育
詳細
助教
Kevin Weir
【専門分野】言語学
詳細
特色ある教育