PAGE TOP
多言語医療支援コース

グローバルな未来を目指せる
多言語医療支援コース

2018年度に開設した「多言語医療支援コース(選択制)」。今後ますますグローバル化する社会で活躍できる看護職者を目指します。

本学が目指すのは、これからの未来で求められるグローバルなビジョンを持つ看護職者の育成です

近年、日本に滞在・居住する外国人の増加や、日本の高度な医療技術を外国人観光客に提供する「医療観光」の注目により、外国人看護対象者へ適切なケアができる人材が求められています。「多言語医療支援コース」では、そんな社会のニーズに応じた英語力、コミュニケーション能力、多文化への理解力を兼ね備えた、看護職者を育成します。

コースの目的

Aim1
看護・医療の場面において適切な英語を円滑に使えるようになる
Aim2
多文化の人々とコミュニケーションをとるためのスキルを身につける
Aim3
「誕生」「ライフ」「死」および「医療」における文化的相違と類似の理解を高める
医療英語

リーディングを中心とし4つの技能を通して、医学英語・科学英語に必要な語彙力の向上を目標とします。臨床現場で患者とその家族や医療従事者の会話を正確に理解し、適切な行動をとるための専門用語、準専門用語を習得します

履修学生VOICE

グローバルな看護職者を目指します

「多言語医療支援コース」では、医療英語や外国人患者様とのコミュニケーション方法などを学ぶことができます。将来は、外国人患者様と英語でコミュニケーションを図り、少しでも不安を取り除くことができる看護職者になりたいと思っています。(2年生 梅光学院高等学校出身)

 

コース履修の流れ

入学時
入学時、コースを希望する人は「入学に必要な書類」と「コース希望に必要な書類」を提出

英検2級または同等レベルの英語力の証明書が必要です。

英語4技能試験情報サイト参照

1年次

カリキュラム

医療英語Ⅰ(人体・症状・疾病)
医療英語Ⅱ(診察・処置)

※コース希望者は全員履修

後期 コース本申請・履修者から選抜
1年次の後期に、申請者の中から1年次の成績、外部検定試験の スコアなどを考慮して10名(以内)を選抜します。
2年次
コース科目を履修開始

カリキュラム

English for NursingⅠ(情報収集)
English for NursingⅡ(アセスメント)

3年次

カリキュラム

English for NursingⅢ(入院時のサポート)

Intermediate Speaking

English Discussion

4年次

カリキュラム

Cross-Cultural Health Practice

English Communication

Intercultural Communication

福岡女学院大学との連携

3、4年次には、福岡女学院大学国際キャリア学部(福岡市南区日佐)で開講している授業を履修し、より高度な英語表現力やコミュニケーション能力を身につけます。

※「」の講義が対象です。

卒業時
コース修了

コース科目の全単位取得と日本医学英語検定試験3級に合格することで コース修了となります。

日本医学検定試験とは、日本医学英語教育学会が主催する医学・医療に特化した英語検定試験です。

特色ある教育