PAGE TOP
社会連携

社会連携は実践学習の好機

大学は、「社会連携」を教育方針の1つに掲げており、その方針に基づいて、教職員・学生、一丸となって取り組んでいる。その内容は、以下のとおりである。

1)キリスト教の精神に基づき、博愛の心をもった看護職者を育成し、もって社会に貢献する。

2)「ヒューマンケアリング」を実践し続ける看護職者として、大学・教職員・学生・卒業生は一体となって、組織的持続的に看護活動の発展普及に努める。

3)大学や医療機関、行政機関、企業、関連組織等とも連携を推進し、地域社会のニーズに答えるための看護研究活動に努める。

4)地域社会に開かれた大学として、その教育研究等の成果を、積極的に社会に還元するとともに、図書館等の施設を地域に開放し、地域住民の健康の保持増進に寄与できるように努める。

5)国内外、世代を超えた多くの方と、豊かなコミュニケーションが行えるように地域交流に努める。

連携先の官民学

古賀市

古賀市議会

特色ある教育