PAGE TOP
在学生の声
進 奈々穂さん/2015年度入学
(福岡県 戸畑高等学校 出身)
高齢化社会において保健師として社会貢献したい

高校生の時、東日本大震災時に北九州の保健師さんたちが被災者のサポートをしたという話を聞き、初めて保健師の仕事を知り興味を持ちました。
卒業後は、まず看護師として知識や経験を積み、将来的には産業保健師として働くことを目標にしています。

▲インターンシップに参加して職業観を養いました。

1週間の時間割(後期)

 
1 クリティカルケア 母性看護援助論演習 災害看護 在宅看護論II 精神看護援助論
精神看護援助論演習
2 小児看護援助論演習 看護研究入門
成人・老年看護援助論演習 公衆衛生看護学III 小児看護援助論   母性看護援助論
4 公衆衛生看護学II  
5      

(2017年度までのカリキュラムの時間割) 

インタビュー

Q 福岡女学院看護大学を選んだ理由や
その魅力はどのような点ですか?

隣接の福岡東医療センターや多くの国立病院機構で臨地実習を行うことができるため、様々なケースの医療体制を学べることです。
また、シミュレーション教育センターでより具体的な学習ができ、実習でとても役立っています。

Q 福岡女学院看護大学を目指す受験生へ
メッセージをお願いします。

看護職に進むことは大変ではありますが、福岡女学院看護大学は、充実した施設、専門医による講義、地域と連携した保健活動など、より臨床に近い形で学ぶことができる機会がたくさんある、とても充実した環境の大学です!

特色ある教育